海外旅行をより安全にするための6のアイディア

safetyLifestyle

こんにちは!カナです。

 

 

今日は、海外に行ったときに安全でいるために

 

私が気をつけていることを紹介します♪

 

 

 

 

というのも、

 

私は幼少期に南米に住んだことがあり、

 

自分の身を守る術が当たり前に身についているのですが、

 

 

友達と海外旅行にいったり、

 

海外で見かける日本人を見ると

 

隙だらけで・・・

 

 

 

参考になればと思い書くことにしました。

 

safety

 

~な場所に行かない

答えは:危険な場所に行かない

 

これはとっても基本の基本ですが、

「危険」を言われている場所には行かない。

 

海外だと「ここは行ってはいけない」は

指定されていたりします。

 

間違って迷い込まない。

 

~を~で歩かない

答えは:夜道を一人で歩かない

 

これも基本の基ですが、

 

「安全なエリアとすでにわかっていて、

道も全部把握してて、

死角もわかっていて、

全身の注意のアンテナをはれる状態」

と言えない限り、

 

夜道は一人では歩いてはいけないです。

 

~のついていない鞄は持たない

答えは:チャックのついていない鞄は持たない

 

スリ対策です。

 

人混み、

電車の中、

電車の乗り降りで人とぶつかる場所、

観光地

 

このような場所で、

チャックなしのバックは絶対にスリにあいます。

 

~の状態で席を立たない

答えは:食べかけ飲みかけで席を立たない。

 

よほど信頼できる友人と食事中ならまだいいですが、

 

もしバーとかで

飲みかけ、食べかけをおいたまま、

 

少しでも

席を外したり、目をはなしたら、

 

「お薬」入れられて

モノを盗まれる、どこかに連れて行かれる

 

ことが起きてもおかしくない

 

と、思った方が良いでしょう。

 

 

~を合せない

答えは:目を合せない

 

これは意外と大切で、

日本でも効果があります。

 

正面から向かってくる変な人は

目をみて対象かどうか

チューニングしてきます。

 

一切目を合せないで

存在を消して接すると、

意外と彼らは諦めます!

 

 

~をみだらに出さない

答え:スマホ、タブレット等の高価なものをみだらに出さない

 

もし出すときは、

 

壁に背を向ける、

お店ですだけで道ばたでは出さない

 

など気を遣った方がいいです。

 

国によっては、

一昔前のケータイをもったほうがよかったり。

 

 

国によっては、

私はかなりボロボロの格好をします笑

 

 

海外にいってみかける

日本人が日本と同じおしゃれ着を来ているのを見ると、

「あれは狙われるな~」って客観的にみて思います。

 

 

最後に

もっと他にもありそうな気がしますが、

思いついたら随時追記します。

 

 

最後に、

 

日本と海外の徹底的な価値観の違いを紹介します。

 

日本では

「犯罪を犯した方が悪者」

「だましたほうが悪い」

が常識ですが、

 

海外では、

「犯罪させる気持ちにさせる隙をみせた人」も

「自分の身を自分で守らなかった人」も

 

「だまされた方も悪い」

が常識です。

 

 

郷には郷に従え。

 

 

旅行先のカルチャーに合せ、

自分で守れる身は守りましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました