コミュニティと個人 どちらが大切か。私の小さな葛藤。

community-individualLifestyle

こんにちは!カナです。

 

今日はいつもとは違ったテーマでブログを書きます。

 

テーマは「コミュニティーと個人」です。

 

community-individual

 

多文化に触れて

私は現在シェアハウスに住んでいます。

 

シェアハウスは約30名ほど住めるほど大きいもので、国籍も豊かです。

10カ国籍以上の人が住んでいます。

 

誰かと一緒に住むのは同じ国籍でなくても

育った環境、家族、地域が違えば同じ日本人どうしでも、

異文化のは当たり前ですが、

 

 

国籍が違うと傾向が違うことについて、ある事例をもとに書きます。

 

日本で大切なのは

こういう共同生活をすると、

日本人がまず大切にするのは「コミュニティ」。

 

どちらが一方が大きな損失や不満を抱かないように

お互い探り合いながらも、妥協点をみつけ

摩擦を起こさないようにする

 

ルールがあればルールに従う。

 

 

海外(西洋・欧州)で大切なのは

私がここで引き合いに出す海外文化は主に「欧州」になります。

 

彼らが一番に大切にするのは「個人」です。

 

「コミュニティ」よりも、

まず、「個人」が納得・満足しているかどうか。

 

摩擦を避けるよりも、

摩擦が起きても「個人」を優先します。

 

 

 

摩擦が起きた事例

ここでシェアハウスで起きたある事例。

 

シェアハウスなので、

楽しくなったら騒ぐこともあります。

 

 

もちろん人によって違いはあるものの

文化の傾向としての行動は

 

 

日本人は、

 

シェアハウスだとしても、

共有の場であれば半公共の場として認識し

周りに迷惑が掛からないように

 

騒音を調整したり、

早めに切り上げたりします。

 

 

 

海外の人は、

個人の自由で、

外ではない家で楽しんでいるのだからと、

周りをみません。

 

騒音夜中、関係なし。

 

 

何度も言いますが、人、年齢、によって様々で、あくまで傾向です。

 

 

どちらの文化を知っていることによる板挟み

シェアハウスは

 

「海外の文化に触れたことがある日本人」

 

が住んでいるとは限りません。

 

 

単純に家賃を浮かせたい、

国際交流に触れてみたい、

 

そういう人も多く住んでいます。

 

なので、

「海外文化に触れたことがない日本人」は、

いかに海外の人が「個人」を優先し、

意見を主張をする文化

だということをあまり知りません。

 

 

上記の事例が起きたとき、

 

 

よくある日本人のコメントは、

「周りが迷惑してるってわかってないのかな。

言わないと文句がないって思われてるはびっくり。」

 

で、裏で不満は言うけど、直接は言わない。

 

 

 

一方で、海外の人は、

 

「個人の自由なんだから、

なんで行動を制限されないといけないんだ」

が、まず一言目。

 

次は、

「直接いってくればいいのに。

言ってこないのであれば文句がないのと同じでしょ」

です。

 

 

もうご覧の通り、

自分たちの文化をベースに主張するものだから

コミュニケーションがまったく通じ合っていない!

 

 

 

 

私はどちらの文化も知っているので、

お節介なのですが同じ家に住んでいるから両方に、

 

 

日本人には

「彼らは空気を読むとか、周りに気遣う文化じゃないから

なにか不満があったら言わないと伝わらないよ」

と伝え、

 

 

 

外国の人には、

「あなたは楽しいだけかもしれないけど、

周りに迷惑を感じてる人もいるよ。

 

日本人は意見をいう文化ではないし、

あなたは日本に住んでいるんだから

意見を直接言えと強要するのは

文化をリスペクトしてい風に感じるよ」

 

と、伝えてみました。

 

 

この仲介をしてよかったのかはわかりません。

 

ただ、私だけは間に入ってストレスを感じました笑

 

 

お互いに理解していないのが

もどかしかった、

ただのお節介でした。

 

 

長く住んでいるとその文化に染まる

以前他の記事でも、「言語=文化」だから

文化を理解しないと言語は話せないとよく私は言います。

 

 

日本語が上手な外国の人を見ると

日本語を話す瞬間にしっとりとした話し方に変わったり、

謙虚になったり、

空気を読んだりするのが、

 

本当に、面白いです。

 

 

個人的な考え

ここからはとっても個人的な意見。

 

私自身、いままで4カ国すみ、旅行では40カ国くらい行きました。

 

「その土地の言語を話そうとする」ことは、

個人的に最大限の敬意だと思うんです。

 

 

 

 

私自身は、

他の国に住んでるし、

友達も海外が多いし、

会社も外資が長いので、

 

意見を言うことを大変だとは思わないし、

 

個人の人生や幸せにおいては、

意見を言うことを大切だと思っている。

 

 

世の中の人全員が、

テレパシーやマインドリーディングを使えるわけではないので、

世の中、主張したもの勝ちですから。

(フランスやアメリカを見て下さい!中身の緻密さはおいといて主張するだけで世の中のルールを作っています笑)

 

だからといって、

海外の人が「日本人は意見を言わなくて、嫌だ」って

言うのは個人的に好きじゃない。

 

 

出張で日本を訪れた人や、

旅行で日本に滞在している人が

文句を言うのは気にならないけど、

 

自ら選んで日本に住んでいるのに

その文化を否定するのは賛成しない。

 

 

ゲームはすき、アニメは好き、

でも根底にある文化は好きじゃない

 

それってとても浅はかだと思う。

 

 

なんでゲームが発展したか、

なぜアニメが発展したか、

 

日本人の相手と歩調合せて協力し合う文化が

なしえたモノかもしれない。

 

それはわからないけど一要素ではある。

 

 

海外の人って主張が強いから、

日本人が悪い、日本人が変わるべきだ!

って意見が世界に通ってしまいやすい。

 

前述の通り言った人が勝つ世の中だから、

意見を言わない文化の日本人はおどおどしてしまいがち。

 

 

だから、私は主張できる日本人として、

近くにいる人から、

「これが日本人の文化です」と伝えている。

 

 

 

どちらが良いか悪いかなんてものは存在しない。

 

 

私は日本の文化は好きなものも嫌いなものもあるけど

 

だからといって、

すべて西洋化されるべきものでもないと思っている。

 

 

タイトルの問いに戻ると ・・・

コミュニティと個人 どちらが大切か。

 

私の答えは、

別にどちらが大切でも、どちらが正しいわけでもない。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました