日本語と英語を素早くに切り替える方法

日本語と英語を素早くに切り替える方法スピーキング

こんにちは!カナです。

 

ある程度、耳で英語がわかっても、

会話していく中で英語がすぐ口からでてこなくて、

時間が掛かってしまうことありますよね。

 

この記事では英語と日本語を素早く切り替える方法を紹介します!

 

日本語と英語を素早くに切り替える方法

頭の中で「日本語→英語」を組み立てている

母国語が確立されててから外国語を学んだ方は、ほとんど

耳にした「英語を日本語に」頭の中で訳して、
「日本語を英語に」頭の中で訳にしてから口に出します。

その流れ自体は誤ってることではありません。

 

アウトプットのプロセスを要素分解する

頭の中で、言いたい「日本語を英語に」に訳してから声に出す。

この過程をもう少し細かく分解します。

 

分解すると、

「普段口にしている日本語」を「英単語に置き換え」て、「習った英文法の順序に直して」口から発する。

 

上記のプロセスを行っている方がほとんどなのではないでしょうか。

 

確かに、鍛えれば切り替えも早くなります。

ただ、このプロセスではやはりロスタイムが発生しています

 

このロスタイムを極限に減らす方法をこれから紹介します。

 

英語で日本語を話す?

私がオススメする方法は、

日本語を英語っぽく話す癖をつける!

です。

 

どういうことかというと、

英語を日本語に訳したような日本語を普段から話すということです。

 

 

プロセスで説明すると

頭の中で「英語っぽい日本語を英単語に置き換え」て、口から発する。

です。

 

先ほど要素分解した

「普段口にしている日本語」を「英単語に置き換え」て、「習った英文法の順序に直して」口から発する。

というプロセスよりも、訳すだけの為二つもプロセスが省略できているのです!

 

そんなこと言っても、そんな英語っぽい日本語話してたら違和感ない?って思うと思います・・・

が、

 

日本語の良いところは

この外国語っぽい語順や単語で話しても

多少違和感を感じられつつも、通じる柔軟性があるということ。

 

しかも、

英語っぽい日本語は論理的になり端的・明快になり、

仕事では比較的歓迎される話し方になります。

 

活用しない手はないです。

 

プライベートでこの「論理的で端的な英語っぽい表現を」をすると冷たい!といわれる可能性があります・・・。(経験あり)
去年少し流行った(?)友永構文というものがありましたが、あれはまさに外国語っぽい日本語を話していたから、日本人に違和感を感じさせたのだと思います。

まとめ

外国語話すコツは、日本語を外国語に訳すことではなく、外国語っぽい日本語を外国語に訳すこと

 

周りに違和感を感じさせる可能性もあるので、
先に「外国語を話す訓練をしてるから」と周知して理解を得てください:)

コメント

タイトルとURLをコピーしました