英語の発音の重要性について改めて考えてみた

英語の発音の重要性スピーキング

こんにちは!カナです。

 

生徒さんとレッスンをしていて、

英語の発音について改めて感じることがあったので書き留めます。

英語の発音の重要性

英語の発音は重要かどうか?

英語の発音、皆さんは重要だと思いますか?

 

私はそこまで重要だと思っていません。

特に会話の中では。

 

なぜかというと、それは、英語というのは圧倒的にNon-nativeの英語人口の方が多いからです。

 

下記、研究機関によると英語のNative speaker は、379百万人、Non-nativeは735百万人。

日本人が思う発音が綺麗というのは、アメリカかイギリス、つまり映画やテレビでみるネイティブスピーカーの英語だと思います。

 

でも実際は、世界のあらゆる訛りをもったの人々が英語を話しているんです。

 

しかも、ネイティブでも、ときにはインド、マレーシアと癖がつよーい発音の方々もいるわけです。

 

 

そんな中、日本人のクライアントさんと話してて思うのは、日本人の発音は比較的クリア。

 

聞き取りやすい。

 

当然私が日本人なので日本人の発音の音域をキャッチできる日本人の癖がわかるから変換できるというのもありますが、

英語学習において日本人の発音っていうのは問題ではないです。

 

特定の単語が発音できなくても伝わる

日本人同士でも漢字が読めないことありませんか?

そういったときどうしますか?

 

くさかんむりの、下に~があって・・・とか説明しませんか?

 

英語でも同じことをすればいいだけです。

 

発音して伝わらないときは、スペルをいう。

 

そしたら、あいても「ぁあ!それね!」って言ってくれます。

 

発音を教える理由

重要ではないといいつつ、私はレッスンのなかで発音を教えます。

矯正します。

 

それはなぜか。

 

発音が適切にできると発言しやすいからです。

 

発音というのは、英語の文章構成上発音しやすいように発展したものです。

 

なので、日本語のままで読んだり発言すると、舌が回らなくなって詰まってしまうのです。

 

文章が日本語の発音に適した文章構造ではないから。

 

だから、コミュニケーションを取るのに最重要ではないけど発音は出来た方が自分が楽、というスタンスです。

最後に

英語の発音を学ぶのに、フォニックスというのがありますが、私は基本的な発音の仕方を押さえればあとは耳コピでオッケーだと思います。

 

最重要ではないけど、自分が楽をするためには、発音を押さえた方がよい。

 

省エネで英語学習しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました