語学が上達しづらい人の特徴とその対策

語学が上達しない人の特徴英語×ジェネラル

こんにちは!カナです。

 

今日は、語学が上達しづらい人の特徴を紹介します。ドキっとしたかたは是非先を読み進めてくださいね~。勿論、特徴だけ伝えて終わりではなく対策もお伝えします。

 

語学が上達しない人の特徴

語学が上達しづらい人の特徴

それは、

  • 話し好きではない
  • 完璧主義者
  • 素直じゃない(頑固)

全部当てはまっていたら、大分いままで苦労されてきたのではないかと・・・。私はちなみに3分の2当てはまります♪なのでその気持ちとてもわかります。

でも、現在は英語に困ることなく話すことができます^^

 

1つ目の特徴

女性の方が男性よりも早く語学を習得するのは、この「話し好きかどうか」の特徴が大きく寄与していると思います。

話し好きであると、語学を話せなくても、とりあえず会話に入らないことが我慢できない。

それが結果として、相手とコミュニケーションを成り立たせ、輪の中に入ることができ、そうすると「話しかけられて、教えてもらえて」という良いサイクルによって、徐々に改善していき、習得が早い!

 

2つ目の特徴

完璧主義者。

私も勉強に真面目な方で国語よりも数学が得意なタイプだったので、とてもわかります。

完璧主義者は文法というルールに従おうとする。ニュアンスで理解することができない。

会話の中で間違うことは、まるでテストでバツを付けられるようだからなかなかチャレンジできない。

間違いを恐れると、直してももらえない。会話の中に入っていけない。無言の人というレッテルを貼られる。実践する場がどんどん奪われていく。先ほどとは真逆の悪の循環ですね・・・。

 

3つ目の特徴

素直じゃない。

これは私の教える側の視点になってしまいますが、素直じゃない人は遅い。素直な人は学びが早い。これは本人が自分自身で気づかないと気づかない領域なのでなかなか難しい。

対策

これは私が実際行った対策を紹介します。

  • 独り言をいう
  • シャドウイングをする
  • 音読をする

 

対策1

独り言をいう

話し好きではなくても、何かしらの言葉たちは頭の中で行き交っているかと思います。そうでなければ、無心?割と出家していますね。ある意味、尊敬します。

自分に対して話しかけるので、間違いを指摘されることもないです。

 

対策2

シャドウイングをする

これは、間違うことが怖い人に向けてとてもよい対策。ネイティブの話し方をひたすら真似することが出来ます。会話に入っていけなくてもひそかに練習できます。

無言だったやつがいきなり話し始めたみんなびっくりしちゃいますね。

 

対策3

音読をする

私はこのブログで音読の重要性を伝えているのですが、音読ほど素晴らしい勉強方法はないと思います。使うものは、小説、専門雑誌、なんでもいいです。

興味あることの単語が増えるのでうれしいですね。

 

最後に

以上、語学が上達しづらい人の特徴とその対策を紹介しました。

いかがでしたか?私もですが、上達しづらい特徴を持っていても達成することが出来るんです。

試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました