英語のゴールの設定の話。ペラペラって何?

goal設定ビジネス英語

こんにちは!カナです。

 

今日は英語の目標設定について。

goal設定

英語のゴール設定

たまに耳にする

ペラペラ話せてかっこいい!

ペラペラ話せないから、人前で話すのはちょっと・・・

そもそもペラペラってなに?

一般的にはペラペラというのは「英語がつっかえないレベル」であるとか、「母国語のように話すレベル」であるとか、そういうことを想定していると思います。

 

しかし、それを最初からペラペラをゴールにして英語を勉強し始めると挫折してしまいます!

 

ペラペラ話す必要性?

ペラペラ話す必要性がある人は、通訳、国連、外資の経営陣の方々ではないでしょうか。
このポジションにいる方でも”ペラペラ”でない方もいます。本当に大切なのは伝わるか、伝えようとしている内容、伝えようとする熱意この三つです。

 

英語学習中の人は英語を完璧に話せる必要はなく、殆どの人が中学英語のレベルでしっかりとネイティブとコミュニケーションをとることができます。

 

むしろペラペラ話すことをゴールにしなくて、間違いを恐れずに会話にしている人の方がどんどん上達します。これは、完璧主義者だった私の失敗談からでもあります・・・。

 

言語の文化を理解する

語学はその文化の一部を言語化したものです。

したがって、語学を学ぶ上では文化を理解することが大切です。

 

特に、日本人が英語を学ぶ上で重要なことがあります。それは、

  • 英語では自分の意見を発言することに価値を置く文化。
  • 日本語は控えめであり失敗をあまり歓迎しない文化。

英語を話すなら、英語の文化に合わせる事が必要です。

 

つまり、間違い恐れたりやぺらぺらじゃないから話さないとする人よりも、自分の意見をはっきり言う方が大切です。

 

意見を伝えるをゴールにすれば多少文法や発音が間違っていても伝わります!

最後に

あなたの英語のゴールはどこでしょうか?

 

私自身もペラペラではなく、ペラペラを目指しているわけでもなく、

ただ、業務で相手に錯誤なく伝わるレベルで使えて、かつ、自分の人生を豊かにするためのレベルを常に意識をしています。

 

まずは話せないという思い込みをはずして、行動しながらゴールを考えてみても良いと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました