会社に親友はいますか?

会社に親友はいますか?戦略

こんにちは!カナです。

今日は私にとっては衝撃的な記事・・・「Why We Need Best Friends at Work

ベスト従業員は会社に親友がいる・・・!

この記事を併せて、Harvard Business ReviewのIdeacastも紹介していたので、読むことになりました。

会社に親友はいますか?

会社に親友は必要なのか

私は仕事とプライベートを比較的ドライに別ける人なので、あまり友達を作らないです。新卒・同期であれば同僚以上のつながりがありますが、転職以降は思えば親しい人そんなにいないですね。

記事に出てくる、

people who see a clear dividing line between work and home life. They may be friendly with their coworkers, but they don’t consider them to be friends and certainly not best friends.

とは、まさに私のこと。親しみやすく話すし、裏表も別にないけど、プライベートも共有はしたいと思わない。

 

記事では「会社に親しい人は会社への7倍忠誠心が高まる」という研究結果をだしたそうです。

 

どうして、職場がいいのか

大人が定期的に人と会うのは職場に限られる場合も多いということもあり、

  • 頻繁にあうから信頼関係を作りやすい。
  • 親しい人がいると仕事を助け合う・・等など

そういう良い面があるとのこと(HBR)。

でも、それって馴れ合いにならないんでしょうか・・・?コミュニケーションをしっかり取る必要はありますが、それって親友になるまで親しくなる必要あります・・・?とか、私は思ってしまいます。

 

記事では、「従業員は自分たちの役割を理解していたら良い面が引き出されるけど、そうでないと愚痴の言い合いになってしまう」とも。

 

つまり、バランス。

意見が言いやすい風通しのいい人間関係は必要だけど、組織を組織として形成するためにある程度のストラクチャーは会社が提供せねばならず、それがないとただの馴れ合いや愚痴の言い合いになるということだと思います。

 

テレワークだとどうするのか?

会社のほとんどがテレワークを継続してることが多いと思います。

そうすると本当に入社後の研修もテレワークであったり、普段の会社でも会うことが出来なかったり、親しくなることも難しいし、そうするとコラボレーションがとても難しい。

でも一方で、私は経験が無いのですが、オンラインゲームで会ったことがなくても仲良くなる人いるんですよね。だから、不可能ではない。

最後に

これからはテレワークが当たり前ですから、どう組織を維持していくのかは本当に経営者の手腕によるのだなと思います。集団は上に立つ人によって、いくらでもどちらにも動く日和見菌なので、経営者次第。

オンラインゲームのようにコミュニケーションを円滑にしつつ、馴れ合いにはならない組織構成を構築する。

明暗が分かれそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました