在外公館(派遣員)の試験を受けてみた感想と試験対策

在外公館キャリアアップ

こんにちは!カナです。

 

今日は、在外公館(海外にある日本大使館)に勤めるのに、

「在外公館・派遣員」の試験という外交官以外でのルートをご紹介します。

 

私自身も受験前に情報を探したのですが、

あまりなく・・・これから受ける人の参考になればうれしいです。

 

記事を書くつもりで受験してきたのでかなり詳細に記録しました:)

在外公館

在外公館の試験

在外公館の試験概要

在外公館の枠には、派遣員と専門調査員とがあります。

ざっくりいうと派遣員は高卒以上、専門調査員は院卒以上に受験資格があります。

 

毎年4月と9月の募集案内があり、

派遣員は4月募集であれば、5月に筆記、6月に面接、9月に派遣、

専門調査員は同時期に試験がありますが、各大使館によって派遣時期が違います。

(今年はコロナで時期がずれています)

 

受験料は無料です!

日本で言う「派遣社員」という待遇なので手取り報酬は比較的高い印象です。

ただし国によって違います。

 

筆記試験当日

<当日の全体スケジュール>
外国語筆記 10:10~11:10
一般常識  11:25~12:00
適性検査  12:15~13:00(3種類)

 

今回は東京、大阪会場のみでした。

私は大阪会場に出席しました。

 

  • 四列の長テーブルに2人座り 一部屋、合計80人くらいの受験生。(英語会場はまた別の部屋だったので、推定この2倍の人数が1会場の受験生)
  • 英語はマーク、他外国語は筆記

 

私はスペイン語で受験をしました。

 

語学筆記試験の内容

  • 単語の西訳、和訳問題(20問)時事単語(コロナをスペイン語で、など)政治用語(最高裁判所)、社会用語 等々
  • 4行程度の段落の文章を翻訳
    • 日本語訳:三問
    • 西語訳:二問

 

受験言語によって違うようですが、

スペイン語の試験は英検で言えば準一?くらいのレベルではないかなと思います。

 

時事用語や政治用語、社会制度の用語等が多かったです。

 

大使館で働くのであれば、

確かに、時事単語、政治用語のスペイン語を知らなくてはいけないな

と受験してから思いました。

 

日常会話や分野違いの学術用語では対応できないです。

受験する言語のニュースを日々読んで単語をストックすると良いかと思います。

私は全く勉強してませんでしたので、できませんでした:P)

 

一般常識の内容

一般常識と数量、60問30分間、内容はじゅんばんこに出題。

一般常識は国際機関の略称の正しいものはなにかや、近代歴史などでした。

公務員試験の一般常識と数量で対策を打つのが良い印象です。

 

設備運営の方から

「すべて完了することを求めていません」というアナウンスが開始前にありました。

すべてを終えるよりも間違いが少ない方が良いということを計測しているのでしょうか・・・

 

適性検査の内容

  • 作文(45分)
    • 第一希望公館一つ述べ、その理由を15文字で述べよ(なぜ15文字?)
    • 現地の生活、業務をしている自分をイメージして書け(10行くらい)
    • 応募した目的を選べ(選択式「コネを作りたい」「海外に出たい」「貯金したい」(謎)等々の選択がありました
    • 自分の短所をエピソード踏まえて説明せよ (表一ページ)
  • 性格テスト(15分)
    • mpiテスト(モーズレイ)
      これは個人的な推測ですが、大使館に勤めるということもあり、明るいか、社交的か、ストレス耐性があるか等のチェックをしているのではないかなと思います。
  • 8つの四角に絵を付け足して描かせるテスト(15分)
    これは本当に何を計測しているのか謎でした。あとでインターネット上で調べてもがわからず。サイコパスかどうかをチェックしたのかな?(笑)と思いましたが、よくわかりません。

最後に

試験を受けてみての考察ですが、語学が堪能かよりも、

  • ストレス耐性があるか
  • コミュニケーション能力があるか
  • 社会常識があるか

を求めているのではないかと思います。

 

外交官という身分ではなしに大使館に勤めることから、

 

どちらかというと

大使館における日本人とのコミュニケーションを円滑にできるかどうか、

公務員ということもありお堅い雰囲気に馴染めるかどうか、

でも、プライベートでは孤独を感じずに乗り切れる社交性があるかどうかをみているのではないか

と思います。

(あくまで推測で、語学も対策をした方がよいと思いますが・・・)

 

以上、在外公館・派遣員試験 受験の感想でした!参考になればうれしいです。

 

専門調査員はこちら!

在外公館(専門調査員)の試験を受けてみた感想と試験対策
在外公館(海外にある日本大使館)に勤めるのに「在外公館・専門調査員」の試験という外交官以外でのルートをご紹介します。試験対策の参考にしてください。派遣員との比較もしてみました。

 

現場に近い国際協力はこちら!

現場に近い国際協力手段と内部事情を知ってのオススメ度
組織に所属しながら、現場に近い国際協力をする選択肢を紹介します。内部事情を知った上でのオススメ度を勝手に決めました。

 

青年海外協力隊はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました