【悲報】今時転職サイトを使うのは時代遅れ。

転職する女性キャリアアップ

こんにちは!カナです。

 

ちょっと前までは、終身雇用が日本式でしたが、徐々に転職文化も受け入れられ、

コロナ発生後は本当に人材の流動化が一層高まりました。

転職する女性

今転職熱が高まっている

今までは時間あたりで会社に対するコミットメントを示せました。

 

しかし、コロナ後は在宅勤務が増え、
会社への貢献を時間で管理することは難しくなり、成果で管理することになり

そうなると、どうしても欧米的な雇用方式に移管せざるを得ない。

 

それが、ジョブ型雇用であり、

 

そのジョブ型雇用がより人の流動を高める。

 

しかし、私は転職サイトは使うのはお薦めしません!

 

転職サイトとは?

私がいう転職サイトはこれらです↓(ごめんなさい)

転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト
転職なら、【doda(デューダ)】。「大手・優良企&#...
転職ならリクナビNEXT|希望の転職先が見つかる転職サイト
リクルートキャリアが運営する転職・求人情報サイトで、あなたに合った求人を見つけよう!【リクナビNEXT】は、転職・求人情報はもちろん、スカウト機能や転職のノウハウなどお役立ちコンテンツで、あなたの転職活動をサポートする転職・求人情報サイトです。

 

転職サイトを使わずに、どうやって転職活動をするのか?

転職サイトを使わないとなると、どのように転職活動すればいいのでしょうか?

 

私の答えは

「転職エージェント」を使う。

これ一択です。

 

さらにいえば、転職エージェントの中でも、外資系

 

彼らとどこで会えるか・・・

 

それはLinkedinでエージェントに見つけてもらう、

もしくは、

知人の紹介が一般的です。

 

Linkedinの登録の仕方は下記記事に記しておりますので参考に

 

転職エージェントを使う理由

では、なぜ転職サイトではなく転職エージェントをオススメするのでしょうか。

 

面接までスムーズ

オモテのルート(書類送って、書類審査されて・・・)で落ちる会社があったとしても、

エージェントを使えば、面接までが比較的スムーズにいけます。

 

なぜかというと、エージェントが私達「転職希望者」を商品として

企業の採用担当にダイレクトに売り込んでくれるからです。

 

表に出ない年収高めの案件が多い

しかも、そのエージェントが扱っている求人は表にでてこないことが多く、
年収高めの案件が多いです。

 

でも、疑問に思いますね、そんな甘い話あるのか?と・・・

 

転職エージェントの仕組みとは?

エージェントはその転職者が面接に成功しオファーを得た場合、

 

採用企業は採用した際にエージェントに成果報酬として、
採用する企業側が採用した人材の年収の何%を支払う仕組みが一般的です。

 

採用されない場合は成果報酬はエージェントに発生しません。

 

だからこそ、

エージェントは必死に私達を売り込んでくれて、

より確率を上げるために必ずマッチングしてる会社を紹介してくれます。

 

転職エージェントを使うそのほかのメリット

個人だとなかなか気まずい年収交渉もしてくれます。

 

転職エージェントを使う場合の注意点

外資系エージェントはほとんどのスタッフさんが外国の方です。

 

つまり、

英語を話せないとほとんど相手にされません。

日本語を話せる、日本語を理解する方も多分おられると思いますしが、私自身はエージェントとはほとんど英語でしかコミュニケーションをとっていません。

 

まとめ

転職サイトは使わずに転職エージェントを使って転職しましょう。

一つ一つ会社に合わせて書類で落とされると、労力の無駄ですし、精神的に消耗します。

効率的に転職しましょう♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました