米国公認管理会計士(USCMA)の受験のスケジュールと費用

米国公認管理会計士(USCMA)の受験のスケジュールと費用アカウンティング

こんにちは!カナです。

今日は実際に私が米国公認管理会計士(以下USCMA)を受けた際の受験スケジュールと費用を紹介します!

米国公認管理会計士(USCMA)の受験のスケジュールと費用

試験概要

まず、米国公認管理会計士の試験概要です。

 

PART 1:  Financial Planning, Performance, and Analytics (予算、業績分析)
PART 2:  Strategic Financial Management(戦略会計管理)

 

年に3回の受験可能期間(1、2月、5,6月、9、10月)があり、

同時に2科目おなじウィンドウに受けることも可能です。

 

米国公認会計士との比較はこちらを読んでください♪

 

スケジュール

私が受験したときの、スケジュール感です。

6月上旬 試験勉強開始
8月上旬 IMAに入会・受験申し込み
9月下旬 Part1&2 同時受験

 

約4ヶ月は毎日勉強、土日は試験勉強に捧げていました・・・。

4ヶ月だから続けられたと思います。

 

私は、それ以上だと集中力も続かないし、ストレスにも耐えられなかったと思います。

 

かかった費用

教材費用

最短で確実に受かりたかったので、TACのUSCMA対策コースを使いました。(約9万円)

 

受験費用

受験費用は$415/科目で、受験申請費用が$250、管理会計士協会に登録料$245です。

 

受験地費用

私は受験当時札幌に住んでいたため、飛行機代とホテル代をかけました。

 

合計 約30万

 

私が受験した頃はTACとIMAが提携をしていませんでした。

現在はIMAと提携をしているのでTAC受講生は確かIMA協会入会費用(約3万)が無料になったりするはずです。

なので、何も教材を使わなくて協会費用まるごと掛かるより、教材を使って割引を受けた方がお得な気がします。

 

勉強方法

使った教材は、前述の通りTACのUSCMA対策コースです。

このコースは、

  • TACの日本人の先生がさらっと重要なところを説明するのが各パート6時間程度
  • Beckerの英語で細かいオンライン説明動画とオンライン問題
  • Beckerの教科書と問題集

がついています。

 

私はこのTAC のUSCMAのコースを以下のように使いました。

  1. TACの日本人の先生の解説を一通り視聴する。
  2. Beckerの問題集を一問ずつ、解答して、答えをじっくり読む
  3. Beckerの英語で細かいオンライン説明動画で理解を深める
  4. 時間を計って、Beckerのオンライン問題をする

 

試験は満点を取るものではなく

いかに落とすべきではない問題を落とさないように勉強をすることを心がけて勉強しました。

 

特にUSCMAの試験は筆記の採点で、

かなり人の裁量が入っているものと思われます(推測ですが)。

 

わかりやすい英語で論理的に、数字を使って書けば結構加算してもらえるような印象をうけました。

まとめ

以上、私が米国公認管理会計士を受けた際のスケジュール感でした!

もちろん、置かれる環境やもともと持っている英語力や実務経験、会計知識により変わると思いますが、参考になればと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました